エコサート認定 エイジングスキンケア グローブホープ

会員登録/修正
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

トップ > フランシラ > ボディケア > ピートトリートメント 500mL

ピートトリートメント 500mL

森の泥 100%オーガニックなピートの秘密 
フィンランドの森に氷河期時代から蓄積される森の泥(ピート)は、森の湿地帯の地中深くに200種類以上の花・ハーブ・樹木・水ゴケが自然に朽ちて醗酵された豊富なミネラル分を含有している世界でも珍しい天然の泥成分です。
※ ピートに含まれる代表的なミネラル成分
アルミニウム(Al)、鉄(Fe)、マンガン(Mn)、バナジウム(V)、バリウム(Ba)、クロム(Cr)、リン(P)、カルシウム(Ca)、銅(Cu)、ケイ素(Si)、亜鉛(Zn)、マグネシウム(Mg)、セレン(Se)。
                     トゥルク大学発表資料1,998年
美肌力・美髪力を高める
ピートは肌を健康に保ち、十分な保湿力、ハリやツヤを与えます。
その秘密は最近注目されている植物のフミン酸&フルボ酸です。地中1万年前の泥の層には豊富な成分が無酸素状態で保存されています。

なぜフィンランド?
森と湖の国フィンランドは北極に位置していますが、夏は+30度、冬は-30度の寒暖の差と、2ヶ月間太陽が沈まない白夜の国として知られています。
特異な気象条件が植物にストレスを与えるのと同時に特性を引き出しています。汚染されていない環境で採取される森の泥には植物のエネルギーがあふれています。

フミン酸とは?
フミン酸は皮膚に吸収されると角質化された肌の汚れを浮かして取り除く作用のある有機酸です。保湿力が高まり皮膚が柔らかくなり、肌のキメが整うためにすべすべした感触になります。
体の60 %を占める水分保持には微量元素を含むミネラル成分の補給が欠かせません。

フルボ酸とは?
肌(頭皮)を健やかに保ち引き締める作用があります。
フルボ酸は陽イオン交換量が高い為に植物に含まれるミネラル成分を皮膚に取り入れやすく運ぶ役割を行い、pHのバランス保持と肌環境を維持します。
森の泥 ピートの5つの効果
1 肌にハリ・ツヤを与える
2 皮膚を引き締めて潤いを与える
3 日差しによる乾燥を防ぐ
4 頭皮・毛髪にハリ・コシ・潤い・ツヤを与える
5 頭皮・毛髪を洗浄する

フィンランドサウナのピートケア
2000年前にフィンランドで発祥したサウナは、厳しい寒さに耐え、健康維持の為に生み出された古代人の知恵です。暖かいサウナ小屋で出産をする神聖な場所として誕生しました。湖の近くに建つサウナ小屋では、つま先から毛髪まで全身にピートを塗布して60度程度のサウナで歓談をしながら過ごす社交の場です。十分に汗を出してピートの成分を取り入れた後に、裸のまま近くの湖に飛び込み、体についた泥を再び自然かに戻します。
現在も5つ星の高級スパや高齢者施設での健康維持と美容に欠かせません。
汗をかきたい時の入浴剤に、また肌に直接なじませてパック(フェイス&ボディ)をすると肌表面の古い角質を取り除きハリを与えます。
適度な水分が含まれしっとりとした質感のピートはお湯に溶けやすく、そのまま肌に塗ることができ、浸透率に優れています。
                                           
商品コード : F023
価格 : 10,780円(税込)
ポイント : 980
数量
 

フィンランド

10000円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
【使用方法】
入浴料として・・・大さじ1〜2杯の泥をネットに入れ浴槽の中で溶かします。10〜20分間入浴してください。
※入浴後お湯を抜く時はそのまま放置せず浴槽をシャワーなどで流してください。

フェイシャルパックとして・・・クレンジング後大さじ1杯弱の泥を肌が隠れるくらいの厚さにムラなく伸ばし、5〜10分(ただし1回目は5〜7分)間パックします。乾燥しないうちにぬるま湯で洗い流してください。

リラックスバスタイム

スプリングサンオイルエクストラ 30mL

スプリングサンオイルエクストラ 30mL

7,480円(税込)

リラックスバスタイムキット

リラックスバスタイムキット

17,160円(税込)

ページトップへ